加熱処理と非加熱処理

加熱処理 非加熱処理

加熱処置と非加熱処理については議論がありますね。
メリットとデメリットを比べてください

 

加熱処理の特徴

 

安価に完全な殺菌ができるために、安く安全なお水が提供できるということです
ただし、加熱することによって、天然水や、水本来の「おいしさ」を失ってしまう可能性があるということ
溶存酸素といわれる、水に溶け込んだ酸素が、加熱でなくなってしまうために、おいしさを損なうといわれています。

 

 

非加熱処置の特徴

 

非加熱とは、熱を加えないで殺菌する方法をとるということです。
非加熱処理の方法には、オゾン殺菌など施設設備をそろえないといけない方法です。
当然、コストがかかってしまい、割高な宅配水をなります。
しかし、熱を加えていないため、溶存酸素やミネラル分を失うことなく殺菌できるために、おいしさを保てるといわれています。

 

加熱処理と非加熱処理関連ページ

逆浸透膜
逆浸透膜はアメリカから生まれたものです。かもめが海水しか飲んでいないのに、真水を摂取しているところから研究はスタートしたそうです。 このかもめの原理を利用したのが逆浸透膜です。
RO水と天然水
逆浸透膜でろ過したRO水と、地下や湧き水を採水した天然水の違いをご紹介します。
ピュアウォーター
逆浸透膜でろ過したRO水は、放射性物質も除去するほどのろ過力があります。しっかりとろ過したお水で、体の弱い赤ちゃんや、高齢者の健康維持に役立てましょう。
NASA開発の逆浸透膜
逆浸透膜でろ過したRO水は、放射性物質も除去するほどのろ過力があります。しっかりとろ過したお水で、体の弱い赤ちゃんや、高齢者の健康維持に役立てましょう。