放射能除去 水

水の宅配をおいしく楽しむための水のディスペンサー、サーバーは、有料レンタル、無料レンタル、買取と、会社によって違います。

 

RO水を扱うウォーターサーバー会社は、ほとんどがリターナブルボトルといわれる、再利用可能なボトルをお届け、回収します。

 

問題視されていたのは、そのボトル内に入り込む空気。

 

この空気が雑菌などをボトル内に運び、せっかくの安全安心なお水が劣化し、さらには雑菌がたまってしまうというものでした。

 

現在のレンタルサーバー・ウォーターサーバーは、空気の入ってくる場所にエアふぃるたーが取り付けえられ、そこで雑菌やゴミなどをカットします。

 

時期が来れば、そのフィルターの交換も必要ですので、メンテナンスはお忘れなく。

レンタルサーバーについて記事一覧

サーバーの設置について

ウォーターサーバーの設置は簡単です。宅配業者が運んでくる場合、設置場所まで持ってきてもらって、箱を空け、説明書をよんで、電源を入れます。宅配水のボトルは逆さにしても、栓があって、水は逆流しないようになっています。

≫続きを読む

 

サーバーの形状

ウォーターサーバーのおき場所を考えてします・・という利用者の方がおられます。確かに余分な家電がひとつふえることになります。ただ、電気ポットを置いておられる方は、その置き場程度でウォーターサーバーは設置できます。ウォーターサーバーの設置は、高さと、しっかりした代が必要ですので、そこは注意が必要です。2...

≫続きを読む

 

チャイルドロック

小さなお子さんがいる家庭は、温水の方でやけどしないかと心配です。温水は80度以上あります。しかし、すべてほとんどのサーバーにはチャイルドロックがついていて、子供が安易に温水を出せないように設計されています。クリクラの場合(HPより)一端、サーバー内のタンクにたまって加熱され、温水が蛇口から出てきます...

≫続きを読む

 

サーバーの価格

ウォーターサーバーのレンタル価格は、天然水を扱うところは無料がほとんどです。有料のレンタルの場合も1ヶ月500円〜1000円です買取にすると、15000円から20000円くらいです。デザインされたウォーターサーバーで20万円近くするものもあります有料のレンタルは、なんとなくもったいない気がしますが、...

≫続きを読む

 

節電型サーバー

ウォーターサーバーは、家庭で手軽に、常に温水、冷水が使えることが大きなメリットです。しかし、この時勢。気になるのは電気代でした。電気代は、1ヶ月、1000円程度が平均的なレンタルサーバーのコストでした。しかし、節電型も登場し、月間500円程度まで節電できるものも出ました。節電型サーバーはこちら

≫続きを読む